Shiho Akagi 詩

2015-04-12

img_20150412-045236.jpg


ときどき

ふと我に帰る 

生きてきた道を想う

周りにいるひと

側にあるもの

心を占めてるもの

そして
生きていく道を想う


いま
不安はあるけど不満はない

しんどさはあるけど辛さはない


ここに辿り着くまで

星の数ほど

無数の想い出がある

たぶん
それでも半分以上は忘れている

すぐ実感とともに思い出せる昔もあれば

考えても考えてもピンとこない最近もある


人は

生き死に関わらないものから忘れていく

ならば

憶えていることは

綺麗じゃないものも綺麗なものも

憶えていたいから憶えている

というより

憶えている必要があるから憶えている

「自分」という器にとって
唯一無二
大切なものなんだろう

だからいま思う

器が中身を伴い
形成されるのに必要であったこと

あまり影響がなかったこと

それらを思うと

渦中の価値観と

いまが違うということ

器の核が「なに」で出来ているのか

いまわかるということ

そして

それがいま新たに
核となっているということ

これからもそうして
向き合いながら生きていくのだということ

ひとつひとつが
いまの自分を生んだ

ひとつひとつが
自分という器を満たしてきた

それがた宝だと
想う

大切な
宝だと
 

この記事にコメントを書く










表示されている文字を入力してください
認証コード

QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数